投稿者「taketori」のアーカイブ

【お知らせ】東北電力+ONeストアでの期間限定「じもとマルシェ」に参加しています

東北電力通販サービスサイト「東北電力+ONeストア」で開催されている、期間限定「じもとマルシェ」に参加しています。

東北6県と新潟県の“ご飯に合う逸品”を販売する企画で、宮城県の一品として掲載いただきました。
この企画だけの食べ比べセットをご用意しております。2022年3月31日まで1カ月間の掲載です。ぜひお試しください。

・東北電力+ONeストア お買い物はこちらから
https://plus-one-store.tohoku-epco.co.jp/service/marche_top/

・東北電力様のプレスリリースはこちらからお読みいただけます。
https://www.tohoku-epco.co.jp/news/normal/1224831_2558.html

【お知らせ】新商品「竹鶏たまごのしあわせおやこスープ」発売

オフィス・ミント×竹鶏ファームのローカルフードアクション

有限会社竹鶏ファーム(代表取締役社長:志村 竜生/所在地 宮城県白石市)と株式会社オフィス・ミント(代表取締役会長:山中 栄二/所在地 宮城県名取市)は、フリーズドライ「竹鶏たまごのしあわせおやこスープ」を共同開発しました。2022/2/11より販売開始いたします。

【報道機関の皆様へ】しあわせおやこスープ

【商品概要】
商品名:竹鶏たまごのしあわせおやこスープ
内容量:8.5g  参考価格:185円(税抜)/個
販売エリア:
竹鶏ファーム直売所「竹鶏SHOP」、オフィス・ミント カタログ通信販売、ほか小売店舗にて順次展開いたします。

竹鶏ファームの竹炭を独自のえさ水に活用したこだわり卵「竹鶏たまご」のふんわりと、親鶏の肉がコリっとしたアクセントの食感を具沢山の具とともに楽しめる“おかずになるスープ”です。お湯を注げば完成するフリーズドライ製法。持ち運びが可能な軽量サイズ、365日の賞味期限で長期備蓄も可能です。ひと手間を加えてあんかけやチャーハン等にも是非ご活用ください。

■商品開発の背景
ライフスタイルの変化や健康志向、食品ロスへの関心の高まり、コロナウイルスの影響も受けてフリーズドライのスープは2020年度前年比23.7%と需要増加しています。(2021.11.29日本食糧新聞より)軽量で備蓄にも向いていることから、卵の栄養をそのまま摂ることができて割れや腐敗の心配もなく携帯・保管できる商品を開発しました。日頃は手軽に持ち運んで食事の一品として楽しみ、災害時には食べ慣れた味で栄養を摂ることができます。
商品名には、竹鶏ファーム主力商品「竹鶏たまご」とともに産み終えた親鶏も大切に見届けたい想い、たまごを囲む食卓のイメージを込めました。お客様へのありがとうの気持ちの「わ」、家族が集まる食卓「わ」 、養鶏と自然環境の「わ」を大切にお届けしていきます。

■健やかで楽しい食事時間を30年後もお届けしていくために。
2050年には世界人口と食糧需要の増加、平均寿命も100才時代になると
言われています。食産業に関わる者として、生きるための食環境を守って
いくとともに、生活が変化しても食事を幸せに感じて頂けるような商品を
ご提案してまいります。

復旧しました【電話・メール】回線不具合のお知らせとお詫び

12/1、回線復旧いたしました。お騒がせしご不便をお掛けいたしまして申し訳ございませんでした。通常通り受付可能でございますので、何卒宜しくお願いいたします。


【復旧しました】回線不具合のお知らせとお詫び

素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます

本日、社内回線の不具合により、メール・お電話・FAXが繋がらない状況になっております。
竹鶏ファームにご連絡をくださいました皆様におかれましては大変ご迷惑をお掛けしており、誠に申し訳ございません。
復旧作業に掛かっておりますが、現在も原因判明までに至っておりません。いましばらくお時間を要するため、心苦しいのですがお待ちくださいますようお願い申し上げます。

また、お急ぎの案件につきましては大変お手数ですが担当営業までご連絡をお願いいたします。復旧でき次第、再度お知らせしてまいります。

年の瀬にご迷惑をおかけいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

【出前たまご】出前たまごと旅する珈琲をスタートします

出前たまご×旅する珈琲のローカルフードアクション

竹鶏ファームが2020年よりスタートした、「出前たまご」
地域密着度・サービスの向上を目指し、10月1日㈮より仙台市太白区富沢㈱ほの香のスペシャリティーコーヒーをお届けする「出前たまごと旅する珈琲」をスタートいたします。

【リリース】出前たまごと旅する珈琲

【サービス概要】

「竹鶏たまご」購入者を対象に、焙煎5日以内のほの香珈琲を配達いたします。
価格  :竹鶏たまご30個入1箱1,000円・ほの香珈琲(豆・粉)1,500円(消費税込、送料無料)
対象  :仙南エリア全域、仙台市全域(配達カレンダーを設定)
申込方法:竹鶏ファームまたはほの香店舗でお申込み可能(配達希望の7日前)

出前たまごと旅する珈琲の紹介ページはこちらから

 

 

From seed to cup × Farm to Table ~種からカップまで、農場から食卓へ~

・よいもの・新鮮なものをお客様にダイレクトにお届けしたい!
・納得・安心できるものを口にしたいお客様の食生活に寄り添いたい!
・同じ志で動いている仲間を応援したい!

竹鶏ファームとほの香は、両社と先代の家族から事業継承した同世代。出会ってから10年ほど、仕事外でのコミュニティ活動も一緒に続け、宮城の地に根っこを張り活動してきました。
品質に心を配り、生産者として責任と自身を持ってお届けできものを作りたい、ものづくりを通して地元地域に還元したい、それぞれの業界を盛り上げお互いを応援していきたい、
そんな共通した想いが今回の企画に繋がっています。30年後も宮城でたまご農家と珈琲屋を続けられるように、未来に向けてアクションしていきます。

■2050年問題をじぶんごとに。
人口減少、少子高齢化、地球温暖化、気候変動、食糧問題、これらが2050年には目の前の大きな問題になります。タンパク質危機といった言葉もこの数年ささやかれ、注目されています。

自分たちにできることは、少しでもフードマイレージを少なくし、CO2削減、地域に地球に優しい産地直送、地産地消の文化をお客様と一緒に考えていくことだと思っています。

■丁寧な暮らし、豊かな時間をお届けする。
「From seed to cup」・・・種からカップまで、品質の高い魅力的なコーヒーをお届けする
「Farm to table」・・・農場から食卓へ、一貫した安全管理でお届けする
どちらも、鮮度と生産過程を大切にした考え方です。誰がどんな風に作ったかがわかれば安心でき、良質な食べ物は健康な食事にもつながります。おいしいたまごと珈琲は豊かな食卓には欠かせない、と思っていただけるような体験を商品を通してお届けしたいと思います。

【お知らせ】スタッフ求人のお知らせ (白石・お菓子製造ほか)

宮城から日本中へ!
たまごと鶏肉を通じて幸せと健康を届けるお仕事です!


目指せ!日本で1番「ありがとう」の〝わ〟が生まれる養鶏場。

をスローガンに、たまごを通じて幸せと健康をお届けしています。現在働くスタッフの半分以上は20~30代が中心の明るくフレッシュな職場です。
家事や子育てと両立したい、地元を盛り上げたい、やりがいを感じたい、・・・スタッフは皆それぞれの思いや目的を持ち、毎日頑張っています。
養鶏業を土台として、地域活性やまちづくり、6次産業化や循環型農業など「未来を支え地域を支える農業」を目指した、従来の養鶏業の価値観にとらわれないイノベーションを起こす新たな事業展開を考えています。そんなこれからの竹鶏ファームと共に成長し、一緒に汗を流し、笑い涙し感動し合える仲間を募集します。
知識や経験は問いません。「地域を盛り上げながら、スタッフ一丸となって楽しく働きたい!」という方は大歓迎!周りの仲間たちが、頑張るあなたを全力でサポートしていきます。
少しでも興味のある方はお気軽にお問合せ下さい♪

下記を読んでいただき、直接でも、外部リンクからも応募いただけます。
外部リンク→求人サイトへ



現在募集中のお仕事⓵

職種  お菓子の製造補助作業
仕事内容 “竹鶏ファームの人気スイーツ!プリンやシフォンケーキの製造補助作業をお願いします。補助作業が主なので難しい工程はありません。食品製造が初めての方も1~2週間程度で覚えられます。ミドル(中高年)の方も活躍できます。”
試用期間 試用期間あり(3カ月)
雇用形態 アルバイト・パート
就業時間 9:00~17:00 ※短時間勤務等もご相談ください。
休日 週休2日制(シフト制) 週3日~4日でもOK!
賃金 時給825円〜
待遇 社会保険、社員登用制度、扶養控除、社割、有給休暇制度、Wワーク可、制服貸与、賞与・昇給制度あり


現在募集中のお仕事②

職種  一般事務
仕事内容 主に商品の受発注・経理業務補助・店頭での販売業務をお願いします。未経験の方も積極採用!経験者の方も歓迎ですが、初めての方でも丁寧に研修いたしますのでご安心ください。・土日勤務できる方歓迎
試用期間 試用期間あり(3カ月)
雇用形態 アルバイト・パート
就業時間 12:00~17:00 ※短時間勤務等もご相談ください。
休日 週3~4日程度の勤務
賃金 時給825円〜
待遇 社会保険、社員登用制度、扶養控除、社割、有給休暇制度、Wワーク可、制服貸与、賞与・昇給制度あり


現在募集中のお仕事③

職種  たまごの洗浄・検査・包装補助
仕事内容 主にたまごの洗浄・検査・その他包装作業をお願いします。
専用ブラシで汚れを落とす殺菌作業・傷や汚れの検査・サイズ別に流れてくるたまごを丁寧に箱詰め包装の流れです。複雑作業はなく、未経験の方も1~2週で慣れていただけますよ。まわりのスタッフがフォローします!
試用期間 試用期間あり(3カ月)
雇用形態 アルバイト・パート
就業時間 9:00~17:00 ※短時間勤務等もご相談ください。
休日 週3~4日程度の勤務
賃金 時給825円〜
待遇 社会保険、社員登用制度、扶養控除、社割、有給休暇制度、Wワーク可、制服貸与、賞与・昇給制度あり

TEL/0224-25-2814 受付時間:9:00〜18:00 担当者:志村、緒方

 

 

【お知らせ】新配送拠点のスタッフ求人のお知らせ (仙台)

こんにちは。今日はお知らせです。

竹鶏ファームでは、 昨年から新たにスタートした”たまごの個人宅配サービス「出前たまご」”を通してより多くの皆さんに産直の美味しい卵をお届けするため、八木山へ配送新拠点をつくりました。わたしたちと一緒に仙台エリアを中心に出前たまごサービスを広げていただける、販売スタッフを募集いたします。

 


●募集内容

【職種】
たまごの宅配スタッフ(ルート配送ドライバー&販促)

【仕事内容】
配送拠点となる八木山に出勤後、仙台エリア中心に各ご家庭へルート宅配していただきます。 宅配先ではたまごのお届けと共に商品のご案内も行って頂きます。(ノルマはありません)

【給与/勤務時間】
時給825円~(3ヵ月間試用期間)アルバイト/パート
※経験能力により異なる 9:00〜17:00 週3日~・1日6時間以上 火曜日から土曜日の間で勤務

【資格・経験】
要普通免許(AT限定可)/業務で使用するため

【応募資格】
女性歓迎  ◆20歳以上の方(30~40代の方も歓迎)、高校生不可/学生不可

【待遇】
交通費支給(規定あり)/ 各種社保完備 /有給取得制度あり/車通勤OK(無料駐車場あり)/昇給あり/宅配専用車両(軽自動車)/制服貸与/髪型、染髪自由/社員割引制度あり(たまご支給)/
正社員登用制度あり

【1日の流れ
配送拠点となる八木山に出勤

当日配送ルートを確認し、配達車へ商品の積み込みを行います

準備が整ったら出発

配達先へ(仙台エリア中心に20~30件程度)商品を配送していきます

配達が完了したら配送拠点へ戻り、お片付けをして退社

 

☆運転が好きな方、接客や販売が好きな方、ぜひ一緒に盛り上げてください!
☆未経験でも大歓迎!マンツーマンで丁寧に指導していきます。
☆子育て主婦(主夫)と両立しながらしっかり働きたい。 を応援します!

まだまだ始まったばかりの出前たまごサービスです。養鶏業界では他に例のない地域密着のお仕事で、 一緒に、たまごを通じてありがとうの輪を広げていきませんか。

【受付先
TEL/0224-25-2814 受付時間:9:00〜18:00 担当者:志村、緒方

<八木山配送センター(河北仙販 旧八木山支店内)>
〒982-0821 宮城県仙台市太白区松が丘31−25 河北仙販
八木山支店内地下鉄東西線「八木山動物公園駅」より徒歩10分 ※主に商品の配送拠点として利用。こちらへ出勤して頂きます。
<仙台事務所>
〒980-0023 宮城県仙台市青葉区北目町4−7 HSGビル 1F 綴カフェ内
地下鉄南北線「五橋駅」より徒歩9分 ※主に打合せやMTG、や面談時はこちらを利用します。

東日本大震災から10年。感謝と復興とSDGs。

東日本大震災から10年の日の、感謝。

今日、東日本大震災から10年になりました。あらためて犠牲になられた方へ謹んで哀悼の意を表し、またこの10年、震災復興応援からずっと支援し続けてくださる皆様に、感謝申し上げます。

本日の河北新報社発行新聞「河北新報」には、
第一朝刊/みやぎ生協「古今東北」ブランド様広告内、
第二朝刊/届け わたしたちの「ありがとう」内、に、
竹鶏ファームの写真を掲載いただいております。

忙しい合間を縫って撮影協力してくれたスタッフの皆様にも、感謝でございます🐓
お手元に紙面をお持ちの方は、ぜひご覧になって、見つけてくだされば嬉しいです。
↓第二朝刊の紙面が掲載されているアドタイさんのリンクです。

震災から10年 河北新報、全国からの支援に256枚の写真で「ありがとう」

 

 

 

10年は節目の年とも、ひと昔ともいわれていますが、今も復興の途中であったり、そのためにひた走る方々もたくさんいらっしゃいます。自然災害はこの期間にも様々な場所で多くの被害をもたらし、その度に、備えや復興について考えさせられています。
とは言いながら、先月久しぶりの大きい地震ではやっぱり動揺もしてしまいました。鶏舎やニワトリに被害がなかったことが幸いでした。

震災復興とSDGs。

少し話がかわりますが、2019年頃から少しずつ学ばせて頂いているSDGs(持続可能な開発目標)では、目標11「住み続けられるまちづくりを」の中に、震災にまつわる項目が含まれています。
たとえば
・単なる場所の復旧ではない、よりよい復興(例:堤防や道路かさ上げなど)、
・減災、
・立場によって起こるリスクの解決、など。

また、

11.b
2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対する強靱さ(レジリエンス)を目指す総合的政策及び計画を導入・実施した都市及び人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組20152030に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う。

として、仙台防災枠組についても含まれています。仙台防災枠組は国連防災世界会議で定められた世界的な指針で、仙台市のWEBサイトからも見ることができます。
https://sendai-resilience.jp/sfdrr/

 

最近は、今後は震災を知らない世代に何を伝えるかが課題、と話題になってきました。時の流れを感じる瞬間です。加えて、この先の10年は自分たちの記憶もきっと曖昧に(もちろん、はっきりと覚えていることはあるのですが)なっていくのかもしれない、記録と振り返りが大切だなと思うことも増えました。両方の世代に伝える手段を続けていくことが必要ですね。

 

SDGs目標11と竹鶏ファーム。

 

竹鶏ファームができることは、シンプルに卵作りを続けることです。
有事の時にも卵がお届けできるように備えの体制を作っていくこと、
卵の栄養を楽しく得てもらえるように、おいしさもお伝えし続けること。
社内視点で見ると雇用が守られるというSDGs目標達成にもつながります。

卵はローリングストック品(食べながら備えられる品)と言えると思っており、賞味が少し長めの”竹鶏のくんたま”はもちろんですが、生卵で美味しく食べられることも有事には嬉しいことですね。卵はメジャー食品ではありますが、非常食との組み合わせの献立も大事だなぁと感じています。

それから、時々思い出すのは、蔵王のとある農家さんがお話されていた「かかりつけ農家」の言葉。災害のことはわからなくても、白石には竹鶏たまごもある!と、知っていってもらえるように、コツコツと発信し続けていきます。

 

 

【メディア掲載】河北ウィークリーに掲載いただきました(2/25号)

こんにちは!

河北新報社発行の、河北weeklyせんだい に掲載いただきました。

テーマは 「何かとお得 工場直売所」

いまはパソコンからも読むことができるんですね!仙台44万部発行とのことでエリアに届かないよって方にもお読みいただけるので、嬉しいですね。

http://d.kahoku.co.jp/hv/index_viewer.html?pkg=jp.co.kahoku.digitalnewspaper.pc&mcd=89&npd=20210225&pn=1&uid=unknow&tkn=unknow

SHOPにご来店いただいた方のみご購入頂ける商品「竹鶏ミックスパック」、第2・4日曜開催の「竹鶏たまご市」をご紹介いただきました。

 

補足しますと、

「竹鶏ミックスパック」はお値段1300円で、SS~3Lサイズの卵がランダムに入っています。あかたまごも入っています♪3キロ入っていますが、個数はお箱によって変わるため、40個以上入っていますが、入っていない場合もあります。また、売切れ次第終了のお楽しみです。

「竹鶏たまご市」は、第2・4日曜 11:00-15:00 開催。
1トレー500円、白たまごを中心にご用意しています。サイズは小玉を中心に、その日によって数種類お出ししています。こちらも40個前後になりますが、どれを選んでも損しないように設定しておりますので、お楽しみにお持ちいただければと思います。
ほか、たまご市だけで登場する、”社内審査に通らず流通に乗せなかったけどおいしいから食べてもらいたい”「不揃いシフォン」もございます。
もちろん、通常販売もございます~!

 

 

 

小さな農場、小さなSHOPで運営していることや、
鳥インフルエンザや新型コロナウィルス対応など、菌との闘いが続いていることもありまして、
エリア内は石灰を撒いたり、たまご市も以前と形を変えたり、距離をとっていただくなど、、
ご協力いただいていることも様々ありますが、
無理をしない範囲で、ぜひお立ち寄りいただければと思います。

取り上げてくださり、また色々お取り計らいくださった河北新報社の皆様、ありがとうございました!

2月13日の地震による卵の破損被害のお客様へ

皆様、地震による被害はいかがでしょうか?
竹鶏ファームはニワトリも卵も無事でございました。

さて、皆さん大きな揺れだったので卵割れた方も多いかと思います。
業務用のお取引先様、直接竹鶏ファームからご購入頂いたお客様におかれましては
今回の地震被害で卵が破損した場合、無償で交換対応をしてまいります。

本社や各営業担当へお気軽にお問い合わせください。
余震にも十分にお気を付けてお過ごしください。

有限会社竹鶏ファーム
TEL.0224-25-2814
mail.sales@taketori-farm.co.jp

【メディア掲載】朝日新聞社「ツギノジダイ」に掲載いただきました

こんにちは。週末のことですが、アサヒ新聞社のメディア「ツギノジダイ」に掲載いただきました。

中小企業の経営者や後継者、後を継ごうか迷っている人たちに寄り添うメディア、

ということで、今回のインタビューが事業継承を考えていらっしゃる同じような環境の方々中心にヒントになれば嬉しく思います。

なお、メインで取材いただいておりますのは社長のブラザーズ弟・竜生ですが、

配達写真でブラザーズ兄・竜海も登場しております!

https://smbiz.asahi.com/article/13999571